就寝起床時間を一定にする

就寝起床時間を一定にする画像

何時に寝て何時に起きるのか

リズムを整える画像

規則正しい睡眠時間の設定は、体内時計による休息モードへの移行をよりスムーズに行う為には欠かせない事です。

その為に一番簡単なのは、毎朝決まった時間に起きることです。本来ならば体内時計が働いて、目覚まし時計などは無くても起きられそうなものですが、もし未だに目覚まし無しでは起きられないと言う事であれば、体内時計が本当に正しいリズムを刻んでいないということになります。

目覚まし時計をセットしていても、スヌーズ設定などで何度も起きるのを延長したりするのは止めて、一度のベルですぐに起きるようにするべきです。
ベルの音が不快な方は、好みのラジオ番組を聴きながら起きられるクロックラジオ等も選択の一つでしょう。

朝は目覚まし時計で一定時刻に起きられるのに、就寝時間はどうしても毎日異なってしまうということはよくあります。例えばテレビを見たり本を読んだりしていると、ついついもう少しもう少しとなってしまう事は判らなくも有りません。しかし、それが折角の体内時計リズムを狂わせてしまうことになっているのも事実です。

そんな方にお勧めなのは、プログラムタイマーを利用して一定時刻になれば強制的に電気を切ってしまうこと。例えば寝室のスタンドライトをプログラムタイマーに接続して、就寝時間に消灯し起床時間に点灯させるように設定してしまえば、毎日否応なく決められた時刻に寝起きすることになります。

睡眠の量や質をチェックする

リズムを整える画像

さあ、一定の時刻に就寝して起床するようになったら、その睡眠の量と質をチェックしてみましょう。
毎日の睡眠時間やその眠りの深さを測って記録してくれる睡眠計と言う便利なものが出来ましたので、そんな事も自宅て簡単にできるようになりました。睡眠計についての詳細は「睡眠計メーカーのホームページ」などをご参照ください。

また、睡眠計を購入しなくてもスマートフォンのアプリで睡眠内容をチェックしてくれるものもありますし、手首につけて睡眠をとるとその内容を記録してくれるスマートウォッチもあります。
このように睡眠計や睡眠アプリで睡眠内容をチェックするのは結構楽しいものでもあります。毎日必ずチェックする必要はありませんが、ときどきは自分の睡眠状態がどうなっているのかを知ることは重要だと思います。

[広告]

ページの先頭へ