環境を整える

環境を整える説明画像

自分に合った睡眠環境が必要

環境を整える画像

少しでも明かりがあると眠れない人もいれば、真っ暗では眠れない人もいます。
しかし、煌々と明かりが灯った部屋ではやはり安眠はできませんし、工事現場の騒音の中でも、風のない熱帯夜も、凍える真冬の部屋の中でも、やっぱり安眠は得られません。 安眠快眠には、どうしても、周囲環境の適切化が必要になりますね。

どのような環境が望ましいか

身体を整える画像

一般的にはロウソクの灯ていどの僅かな明かりが安眠には向いていると言われています。 「薄暗がり」とでも呼ぶのでしょうか、目を開ければかすかに物が見える程度の明かりの方が、真の闇よりも安心して眠れるようです。

音についても同様に、全くの無音状態というのは精神的に不安感を与えますので、適度の暗騒音が有ったほうが良いと言われています。
例えとしては、よく「図書館程度の静けさ」と表現されますが、具体的に何デシベルの音の大きさが最も睡眠に向いているかという定量的な尺度は有りません。

図書館の例で言うと、外で鳴いている蝉の声は気にならないのに、少し離れたところで話している女子学生のヒソヒソ話は気になる、というようなものです。
好きな音楽を聞きながら寝る時には、かすかな音で聞くよりも、ある程度の音量が有ったほうが睡眠導入には効果的でしょう。

部屋の温度や湿度も安眠のための環境づくりには欠かせないものです。
冬ならば20~22度C、夏ならば26~28度C辺りが快適だとも言われますが、冬は寒くても寝具を厚くすればなんとかなるのに対して、夏の暑さは寝具で調整できない分、エアコンや扇風機などのお世話にならざるを得ません。
特に、戸外からの涼風が期待できる郊外と違い、日中の熱気が路面に蓄積して夜間の温度も下がらない街中に置いては、エアコンも安眠のための必需品と言える時代になってきました。

寝具選びも重要な要素です。
マットレスを変えただけでもガラッと就寝環境が改善される場合もありますし、最近では安眠に最適な枕についての研究も進み、様々な特徴を持った枕も開発されています。
軽くて暖かい布団や毛布、夏でも涼感を感じるシーツなど、季節ごとに自分に合った寝具を見なおしてみるのも大事なことです。

もちろん、身に付けるナイトウエアについても同様です。
なんといっても直接肌に触れるものですので、肌触りや身体へのフィット感など、自分が気に入った物を探して身につけるようにしたいものです。

[広告]

ページの先頭へ