心地よい明るさにする

心地よい明るさにする画像

自分にとって安眠に最適な明かりとは

環境を整える画像

明るいところでも平気で眠れる人もいますが、暗くなる事で(メラトニンの分泌が盛んになり)身体を休息モードにしてくれるという人間が本来持っている機能から言っても、安眠にとってはある程度の暗さは必要でしょう。
では、どの程度の暗さ(明るさと言ったほうが正確かも知れませんが)が必要かというと、これは本当に人それぞれと答えるしか有りません。

ロウソク1本の明かり程度が好きな人もあれば、5W程度の豆電球の明かりの方が眠り易い人もいることと思います。
本当に真っ暗な方が良いという方もいる反面、明かりが無いと不安で眠れない方もいます。

一人ではなく、夫婦のように二人で睡眠を取るような場合に、このように明かりに対する好みが異なっていると困りますね。
こんな場合は、明かりの位置を調整したり、アイマスクを利用したりして、各人に最適な明かりに調節することも必要になります。
明かりの位置といっても天井照明などは移動したりするのも大変ですから、ナイトスタンドなどを利用することになると思いますが、スタンドも最近はLED化して非常に小型のもの、高機能のものが安く手に入ります。色が変化するものやタイマー付き或いは人感センサーがついたものなどいろんな商品がありますので、自分に合った照明選びが可能です。

星空の演出も効果があるかも

環境を整える画像

人類の祖先は星空のもとで睡眠をとっていたのでしょうから、ひょっとして星空の明かり程度が睡眠にちょうどよい明るさなのかもしれません。

星空といえばプラネタリウムを連想しますが、最近は家庭用のプラネタリウムなんていうものも現れて、一般家庭の寝室でも手軽に星空が楽しめるようになりました。
タイマー機能をセットして「星空を見上げながら眠りに入る」なんていうのも、なんとなくロマンチックで良いのではないでしょうか。

[広告]

ページの先頭へ